あの島に移り住むまで

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

稔に私をみる「お前ってほんと冷たいやつな」

なかなか暮れない夏の夕暮れ (ハルキ文庫)

 

 

私は今日「私」を一つ見つけました。

江國香織さんのなかなか暮れない夏の夕暮れ (ハルキ文庫)を読んで”です。

主人公である稔(ミノル)という人が私ととても似ているように思った。

「もしかして、私なんじゃ?」と思うくらいに。“稔”という人が私という人間のように見えたんです。

 

なぜそう見えたのか、どこにそう思ったのか。

それは、 稔の友達である「大竹」がこう言ってるところにあります。

 

 

ながい付き合いではあるが、稔の考えることが、最近大竹にはよくわからなくなっている。稔が変わったというわけではない。むしろ逆で、高校時代からあれほど変わらない人間を大竹は他に知らない。

本ばかり読んでいて、行動範囲が狭く、不器用で非力。誰にでもやさしいが、ときどきひどく冷淡にも見える。

 

 

まさにそうだ。

特に、 『誰にでもやさしいが、ときどきひどく冷淡に見える。』に、“まさに”と思う。

まさに、その言葉を友人から言われたことがあった。

 

「本ばかり読んでいて」は見る人によるかもしれない。

「一人でばかりいて」だったら、あとは全て私だ。

 

行動範囲が狭く不器用(?)で非力。

 

まさに私だと言える。 

  

稔は、人を拒んだりしない。だから、優しい。

だけど、それがいい優しさとは限らない。

 

“優しいが優しくはない。優しいが冷淡である。”

 

痛い言葉だけれど、誰にでも優しいというのは、ある意味淡々としているということで、ある意味割り切っているということ。ある意味境界線があるということ。

 

それは周りを少しずつ傷つけることになる。きっと傷つけている。

 

だから、そういう人に「冷淡」という言葉は正解なのだと私は思う。

 

 

この本の最後に、とても分かりやすく表現されている。

 

大好きで大好きすぎた妻に家をでていかれたこと、その上離婚を求められていることを黙ってた大竹は、そのことを稔に話す場面。そんな大竹に稔はこう存在する。

 

 

三枚目の離婚届

ヤミが置いていった一枚を破き、ヤミの実家でつきつけられた二枚目もその場で破いた結果、今度は郵送されてきたのだそうだ。

それでも大竹は判を捺す気がないらしい。

「ヤミちゃんのこと、好きなら捺してあげればいいじゃん」

稔は思ったとおりを口にした。自分ならそうするだろうと思った。

「お前、前に言ってたジャン、ヤミのためなら何でもするって」

大竹は何か言いかけて口をあけ、しかし何も言わずにあけた口を閉じだ。眼鏡越しに、稔をじっと見つめる。

「お前って、ほんとつめたいやつな」 そしてそういった。

 

 

(*ヤミ=大竹の妻)

 

みなさんは、どうですか?

これを読んで、「わかる」と思いますか?

それとも、「大竹の気持ち、わかる」と思いますか?

 

私は、稔と同じことを言うだろうと思います。いや、確実に稔と同じことを言う。

相手が家を出て行くほど親を出してくるほど“離婚”したがっている。私なら判を押す。それを覆してまで、それを話し合ってまで、先延ばししたところで、埋まるものは何もないと考えるから。きっとそうする。相手がそうしたいなら、心底好きな相手がそう言うのなら、納得いかなくてもそうするだろうと思う。

 

だから、友達にもきっとそう言う。

 

「好きなら捺してあげればいいじゃん」

 

これは、言わないほうが正しいのかもしれない。だけど私も言うかもしれないだろうと思う。もう少し濁して、、、きっと言う。

 

「そこまで言ってるならもう捺して“あげればいい”じゃん」と。

 

そして言われるだろうなと思う。

「お前て、ほんとつめたいやつな」と。

 

 

「優しい」というのはきっと“こういうこと”だ。

「誰にでも優しい」というのはきっと“こういうこと”だ。

いつだったか、『優しい人は冷たい人』と読んだことがある。

それもきっと“こういうこと”なのだろうと思う。

 

 「優しい」と「優しすぎる」と言ってもらう言葉にずっと反発してきた。

 

「私はみんなが思ってるほど優しくないよ」

「優しいけど優しくないよ」と。

 

だけど、「稔」を通して、「稔と大竹」を通して、

私は私という人間のドライな部分を腑に落とせた気がしている。

「冷淡」と言う言葉で少し理解できたような気がしている。

 

 

 

本ばかり読んでいて、行動範囲が狭く、不器用で非力。誰にでもやさしいが、ときどきひどく冷淡にも見える。