私の世界のうちとそと

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

確信はないけれど大事にしていること

 

去年買ってあった本を読んだ。

 

 

 

モヤモヤの残るデートが続いて、モヤモヤする日常が淡々と流れていくのを感じて、このままじゃよくないって本屋さんに寄った。なんとなくに立ち止まった占いコーナーだったけれど、二冊の本を直感のまま買った。パラパラと試しにめくった一瞬でざっくりとでも答えが見つけられるような気がしたから。

 

最近、外から受けることがある。それは、「望みのためにコントロールしすぎようとするな」ってことと「人生の主人公は自分でいけ」ってこと。『もっとわがままに、もっと大胆に。決めつけすぎず、行動せよ!』みたいな。先のことを考えすぎず、先のことは望みすぎず、今、どうしたいかを大切にしろ!みたいなのをよく目にする。耳にする。

 

結果ではなく今!頭ではなく心!心より行動!

 

と受ける。おみくじも、この本も、人からも。

 

そうだろうなと腑に落ちるからきっとそうなのだろうって思う。

 

こうした話って賛否あるものだって思う。私はどちらでもいいって思ってる。こうしたことを楽しむ姿勢も、こうしたことを楽しまない姿勢も。ちなみに私は「自分自身だけで楽しむのはあり」と考えてるタイプ。腑に落ちるって必要ってことだと思うから。こうしたことを、距離を持って楽しむコツは「必要と不必要のセンサーを大胆にとる」ってこと。怖がらせてくるような内容だったり、都合の悪いことは、置いていく。その日のうちに、その場所に。「わかりました、気をつけます」と小さく呟いて置いていく。それくらいでしかないけれど、私は大事にしている。

 

こうしたものたちとこうした考え方たちを。

 

自分に起こることって意味しかないと思うから。自分に起こることって鏡だって思うから。自分で、自分に、起きることは、大事だって思ってる。気づけるということは“そういう”ことだって思うから。腑に落ちるということは“そういうこと”だって思うから。

 

たかが占いだし、確信はないけれど。不確かで、自己満足でしかないけれど。一時的なものでずっと覚えていられるものではないけれど。

 

人は人。私は私。

 

だから私は信じている。私に起こること。私に起きてくること。私が起こすこと。

 

都合よく。

 

コントロールしすぎず、今に集中して、大胆に行動せよ!!2022!!