あの島に移り住むまで

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

小説を読むときのマイルール

 

本の読み方が変わった。

変わったことは『出てくる名前をメモする』ということだ。

 

小説を読むようになって気がついたのは「名前の把握」に時間がかかるということ。適当にして曖昧なまま読めてしまう。大体話は繋がるけれど、「名前」がはっきりしたほうが物語の流れを掴むのが断然に早いと気づいた。面白さだって全然ちがう。

 

 というわけで、最近は登場人物の名前を書き出しながら読んでいる。

 

本のタイトルと日付を書いて、新しい登場人物がでてくるたびメモをする。

 

ただそれだけ。

 

ただそれだけのことなのだけど、明らかに読みやすくなった。

キャラがぼんやりしたまま読み進めるのと、キャラがはっきりするように読み進めるのとでは、やっぱりちがうものだと実感する。私はカタカナの名前が特に苦手で、主人公の名前さえぼんやりしてしまう。相当「名前」を覚えるのが苦手みたい。人の名前を覚えるのは苦手ではないのに、作品の登場人物となると苦手になる。アニメとかマンガとかドラマや映画に出てくる人物の名前、中々思いだせない。困る。

 

小説となるとそれはもっと困ります。

 

アニメ・マンガ・ドラマ・映画は、「目に見える姿」があるからいい。名前が思い出せないだけで、ちゃんと認識しながら触れられているから。だけど「小説」は違う。頭の中で姿を見なくてはいけない。頭の中で姿を創りながら読む。だから、頭の中で「名前」と「人」が一致してないといけない。

 

ここにきて気づいた。こうなってみて気づいた。

ああ、私、“名前だけ覚えるのは苦手”だったんだって。

 

そんなわけで、最近は『出てきた名前をメモしながら読む』という読み方をしてる。

  

付箋だったり、手帳の隅だったり、裏用紙だったり、適当なところに。

 

f:id:im72nattsu:20210219222351j:image

 

ザザッとてきとうに。