あの島に移り住むまで

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

うちの美人なお雛様とお内裏様

今週のお題「雛祭り」

f:id:im72nattsu:20210227160637j:image

雛祭りが近づくとひな人形が並べられる。

そして毎年同じことをお母さんは言う。

 

「うちのは美人やろ〜!綺麗なのを選んだから。」

 

毎年毎年同じことを言う。写真を撮っていたらまた言っていた。

 

私といえば、毎年お内裏様の刀をスッと抜いて遊んだ。小さい頃から今年まで、毎年恒例。大人になっても同じ。ここ数年で変わったことは「こっそり遊んでいた」という報告を毎年しながらスッと抜くということ。そして判明する。実は、妹も弟もそうだった、と。

 

面白く笑えるのは、三人それぞれが“こっそり”遊んでいたということが判明したこと。

 

こっそり、同じように。

 

なんだかおかしくて、笑える。

 

「うちのは美人やろ〜!綺麗なのを選んだから。お気に入りやねん」

 

毎年毎年26年間聴いている。今年も眺めながら母に親孝行できる日があればいいなと思う。

 

お雛様の「幸せを願って」の意味が「結婚」であれば、今のところ予定もない上に願望もないけれど、「幸せに健やかに」という意味であれば、充分に叶えてもらっている。

 

ありがとう。お母さん。

 

毎年毎年飾ってくれて。

 

もし、私にも子どもいる未来があったなら、同じようにしてあげたいなあと思う。

 

並べられた綺麗なお顔のお内裏様と綺麗なお顔のお雛様を眺めながら。