書いて、書いて、眠りたい。

「なにもない何者でもない私のみる世界をぜんぶ書く」で毎日21時に更新しています✏︎

頑張ったご褒美に買う本ほど幸せな買い物はない

f:id:im72nattsu:20210506144227j:plain

GW最終日。

起きた瞬間からあることを決めてた。連休も働いたご褒美に本を買って帰るぞってこと。ほしい本は決まっている。マンガ『ねぇ先生、知らないの?』。久しぶりに紙のマンガを買った。LINEマンガで試し読みしたのがきっかけで「これ欲しい!机に並べて置きたい!」って思った。

 

というわけで、GWを乗りきったら買おうって決めた。

 

ポイントは、仕事を頑張る主人公「華」ちゃんがすごく可愛いところ。職業はマンガ家。そして、そんな「かっこいい華」ちゃんを好きな「理一(彼氏)」くんがかっこいいところ。とにかく、キャラクターが魅力的だなって感じた。いつだったかの本で「女性が美しい作品は男性も美しい」と読んだけれど「それだ」と思った。

 

主人公が、かっこよくて可愛い。そして美しい。

その彼も、かっこよくて素敵。そして美しい。

 

話を取り巻く二人以外の人もみんなかっこいいし可愛い。

 

作者さんのコメントで「こんな彼がいたらいいなと思いながら描きました」と書かれていたけれど、本当にこんな人いたらいいのにって思っちゃう!!本当に!!思っちゃう(笑)

 

全てをマンガにしていく「華」ちゃんの姿にすごく憧れる。

 

すごく羨ましく思う。

 

そして「華」ちゃんにペースをいい意味で乱される「理一」が可愛い。「理一」くんに大切に想われる「華」ちゃんが羨ましい。

 

どこをとっても可愛くて羨ましい姿。

  

この作品は安心して読める。振り回されず読める。温かいまま読める。

 

閉店ギリギリだったけど、駆け込んで買って帰ってよかった。

  

頑張ったご褒美に買った本(マンガ)『ねぇ先生、知らないの?

 

頑張ったご褒美に買う本ほど幸せな買い物ってないかもしれない!