あの島に移り住むまで

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

本は心のお守り

 

最近、2冊の本を新しく買った。

2020年から2013年までの3年間の占い本と、

3年の星占い 水瓶座 2021-2023

3年の星占い 水瓶座 2021-2023

 

  Twitterで存在を知ったこの本の2冊。

メンタル強め美女白川さん (コミックエッセイ)

メンタル強め美女白川さん (コミックエッセイ)

  • 作者:獅子
  • 発売日: 2020/11/26
  • メディア: Kindle
 

 

そのどちらも、何となくの衝動で買った。そのどちらも、しばらく離れていたような種類の本だったけれど、心が決まるのは一瞬だった。何となく目に入った瞬間に「買おう」と心で決まってた。

 

どちらも心のお守りのような本。 どちらも心を励ますような本。とてもお気に入り。できるだけ毎日持ち歩きたいし、できるだけ毎日読みたい。枕元に置いて寝たい、お守りのような本。

 

 

それで思った。

「ああ、そうだ。本ってお守りだって。

本はお守り、本って心のお守りだ。

 

なぜなら、言葉には力があるから。人は言葉でできているから。 本は力を込めて書いた言葉たちが集まってできたものだから。だから、本は心のお守りになる。

 

 

だから私は、本が好き。

 

 

だから私は、本を山ほど読みたいって思う。

 

 

だから私は 、本屋に住み込みたいって思う。

 

 

たくさんの言葉に触れて、たくさんの言葉を知って、たくさん考えて、たくさん言葉を作ってたくさん発して、たくさん残して、磨きたい。心を、自分を、自分の言葉を。そう思う。

 

 

そのために、山ほどの本が読みたい。

 

 

本は心のお守りだから、言葉は人生のお守りだから。たくさん守られてきたから。

 

 

そんなことを考えた、心地いい前向きなパワーをくれる新しく2冊の本。

 

 

この本たちのように、

背中をポンと押してくれるような本を、

背中をさすってくれるような本を、

もっともっと!

 

そして、枕元に置いておきたくなるような本を、

心のお守りになってくれるような本を、

もっともっと!!

 

 

読んでいきたい。そして、そんな本たちのことをもっともっと知ってもらいたい。

 

 

言葉には力があるから、言葉は心のお守り、本は心のお守りだから。