あの島に移り住むまで

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

忘れた頃に腑に落ちる、言葉は。

 

 

「俺にはわからん」 

 

そういえば、そう言われたこともあったなと思い出した。

江國香織さんの著書『がらくた (新潮文庫)にこんな文章があったからだ。

 

 

がらくた (新潮文庫)

 

これまでに飽きるほど読んだり聞いたりしてきた言葉が、私のなかでふいに立体的になった。理解できた、というべきかもしれない。こういうことは、ときどき起こる。何の問題もななく理解していると思っていたものが、いきなり新しく理解されてしまう瞬間。

 

 

こうしたことは、“よくあること”だと思う。

 

『これまでに飽きるほど読んだり聞いたりしてきた言葉が、私のなかでふいに立体的になった。理解できた、というべきかもしれない』

 

・・・そういうことは、きっと誰にでもある。

ふとした瞬間に本当の意味を理解するということは、よくあることだと思う。

 

私にもある。

その中でも、思い出すのは17歳の頃。これくらいのサヨナラ』という曲の歌詞がある日突然、腑に落ちたときのこと。ある日突然、この曲の歌詞が自分のものになった。

 

これくらいのサヨナラ

これくらいのサヨナラ

  • provided courtesy of iTunes

 

音楽スクールに通い出した頃。スクール友達とよく聴いた曲。当時、二番の歌詞をよく理解できないまま聴き、歌っていました。

 

 

ベンチに佇み あなたがまた
探しに来るの 待ち続けていたの

欠けた月より 私の欠けた心
輝けない 何も見えない

 

今聴き返してみたらすごくシンプルな歌詞。すごくわかりやすい歌詞。わからないほうがおかしいくらい、とてもシンプルな歌詞。だけど、17歳のわたしはこの歌詞の意味がわからなくて「どういうことだろう?」、考えながら繰り返し聴いて、繰り返し歌った。

 

それが突然、「ああ、そうか。そういうことだったのか」と腑に落ちる日があった。言葉の意味が映像にして理解できた。当時、一緒に練習していた友人に話した。

 

彼は淡々と「俺には分からん」と言った。

その時の私は「ああ、考えることもしてないのだ」と思った。

 

きっと友人は、約9年経った今でも同じことを言うだろうと思う。

 

それはさておき、言われた言葉の意味、言ってもらった言葉の意味。読んだ言葉の意味、聴いた言葉の意味、触れた言葉の意味が、数日経って腑に落ちることってきっと誰にでもある。「ああ、そう言うことだったのか」と。意味もわからないようなタイミングで思い出して理解する。そういうことが、人間には誰にでもあるだろうと私は思っている。

 

数日後か、数ヶ月後か、数年後か。

 

いくつか経って理解できる。いくつか経って忘れた頃に理解できる。

 

それはまるで、破れたページを拾ったみたな作業。拾ったページをテープで貼り付けるみたいな作業。理解できたというよりは、思い出したというのが近いような気もする。忘れていたものを拾った。そんな感覚。

  

そういうことってよくある。

 

『これまでに飽きるほど読んだり聞いたりしてきた言葉が、私のなかでふいに立体的になった。』

 

こういうことってよくある。

 

ああ、こんなカンタンなことだったのか。

ああ、あの言葉はこういう意味だったのか。

 

そうやって「言葉の意味」が立体的になる感覚。

 

私はそれがとても好き。

 

言葉の意味が、その言葉の本当の意味が、落ちるその感覚が。

 

とても好き。

 

そう思った。

 

がらくた (新潮文庫)にある言葉を読んで。