あの島に移り住むまで

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

ただ “生きている” だけではダメなのか

 

働きに行くこともできない、自分を変えることもできない、今を変えることもできない。でも、生きている。生かされながら生きている。私は25歳。もう25歳。これではいけない。でも生きている。生きてこれている。

 

これではいけないのだろうか?

このままでは、、、やっぱり、、、

 

いけないのだろうか?、、、こうして「生きている」だけでは、それだけでは、許されないのだろうか。

 

そう思って頭を抱えたことがあった。そう思いながら過ごした日々があった。ちょうど一年前くらいのこと。「そんなこともあったなあ」と、去年の雪という本を読んで思い出した。 

 

 

去年の雪

 

この1LDKのアパートに、有為子は大学に入学したときから住んでいる。家賃は寛大にも両親が払ってくれているのだが、もし自分が会社をクビになったりしたら(そして、この調子ではそれもそう遠いことではなさそうに思えるのだが)、さすがに払い続けてはくれないだろう。そうなれば宮城の実家に戻るよりないが、戻って何をすればいいのだろう。地元の会社に再就職する(そしてまた会社を休む)?見合をして結婚する(そしてまた家事をさぼって離婚される)?人は、どうして何かしなくてはいけないのだろう。何もしないで生きているだけではいけないのだろうか。

 

 

「有為子」に私は共感する。「有為子」の姿に私の心が重なる。まさにこの姿の通りのことを感じた日々があったからだ。

 

『 人は、どうして何かしなくてはいけないのだろう。何もしないで生きているだけではいけないのだろうか。』

 

私も、そう思う。

 

なぜ、人は何かをしていなければ存在する理由が持てないのか。人はなぜ、何かをしてなければいけないと思うのか。なぜ、そうなのか。何もしないで生きていたっていいのではないか。そういう人がいたっていいのではないか。そう思う。

 

そう思う自分が確かにいる。

 

何かをしてなければ生きられないのは、なぜだろうか。生きているなら、生きていられるなら、それだけであってもいいのではないか。それだけである人がいてもいいのではないか。私も「有為子」と同じことを世界に思う。

 

バイトを辞めたら、新しく働く場所を探さなければいけない。家賃が払えなくなったら、家に戻るか、その日暮らしで探さなければいけない。恋人がいなくなれば、新しく恋を探さなければいけない。朝起きたら、顔を洗って、歯を磨いて、生活をしなければいけない。 人は、何かをずっとしている。何かいなければいけなくなっている。

 

“何かを”していなければいけない。“何かを”必ずしていなければいけない。

 

誰もが理解できる。誰もが想像する。社会の、人間の、常識。

 

『何かしていれなければいけない』

『何もしないのはいけない』

 

それが“当たり前”の日常

 

なぜだろうか?

 

何もせず生きているだけではダメなのだろうか。何かをせず、でも生きている。それだけでは、やっぱり、いけないのだろうか。

 

なぜなのだろう?

 

不思議に思う。

 

この世界がそうしてできていることを。

 

なぜなのだろう?

 

生きろと言うわりに。

 

むずかしいことを言う。

 

何なのだろう。

 

これって、おかしいことなのではないか?

 

なのになぜ、おかしいと思うこと自体が“おかしい”になっているのだろう。何もしないことがなぜこんなにも「ダメ」なのだろう。「ダメ」になってしまったのだろう。

 

考え出すと、とことん、不思議で仕方なくなってくる問題。

 

そうは言ってもわかっている。「しなければいけないこと」が「していなければいけないこと」があること。そうは思っても、実際は何かしらしなければいけないということ。理解している。

 

だけどそれでも、反抗してみたくなる。逆を向いて走り抜けてみたくなる。

 

そんな心を、そっと肯定してくれるような文章だった。『去年の雪』にある言葉は、『去年の雪』にいる「有為子」の姿は。

 

 

人は、どうして何かしなくてはいけないのだろう。何もしないで生きているだけではいけないのだろうか。

 

 

この言葉の答えを“いつか”導き出したいなと思う。

できることなら、堂々と、「いけなくないよ」と言いきれる女になりたい。そう思う。