あの島に移り住むまで

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

断りきれずツルツルおでこ

 

約3ヶ月ぶりに眉毛サロン(アナスタシア)に行った。 

眉のかたちに迷走し始めるのが、大体2ヶ月から3ヶ月くらい。なので、それくらいの頻度で通っている。今回は3ヶ月ぶり。

 

「ボーボーなので描きやすいようにしてください」

 

「並行じゃなくてもいいんですけど、きついアーチは避けたいです」

 

それだけ。それだけで綺麗にしてもらえる。

 

通い始めて本当に普段のアイブロウメイクが楽になった。お手入れが終わると、眉を書いてもらいながら、明日から描き足すと良いころ、描き足し方、色味、眉マスカラののせ方、などを教えてもらえるので、本当に楽。毎朝が、本当に、楽になる。

 

ちなみに、こういう場所であるのは営業。

 

「お化粧品はどうですか?」

 

こうした営業をほどんど受け入れることがない。ここのコスメは本当にいいなと思う。親切にしてもらうのでいつも全部くださいって言いたくなる。

 

でも、ノーと言う。

 

「ありがとうございます。今日はいいです」

 

いくら親切にしてもらっても、言いにくい空気であっても、何百円単位であっても、予定していたコースから追加することはほとんどない。決めてきたのだから、それでいい。そういう考えがどうしてもある。(どうしてもほしいと思ったものは買って帰るけど)

 

例えば、美容院のトリートメント。

 

「ダメージが気になるので、こちらのトリートメントお勧めしますけれど、どうされますか?」

 

もちろん「いい(結構)です」と答える。妹はこれができない。私の場合、受けることの方が少ない。美容師さんとしては「私のため」にしてほしいトリートメントであっても、それが本当にいいものであっても、気になったらまた来るし、気になっていたら予約している。必要と思ったらするけれど、「今日はいいです」。ほとんどがノー。

 

断りにくくて「はい」って言っちゃった。それがすごく苦手だから。

 

「はい」をあまり言わない。

 

この眉毛サロンでもよく“ついでに”をおすすめされる。

 

唇のケア、鼻の脱毛、いつも「いい(結構)です」と答えている。何度かキャンペーンで受けさせてもらったことがあって良さは知っているけれど、別にいらない。今日は「眉」を綺麗にしてもらいにきたから。いらない。必要だったら予約してるので。

 

なのに、それが破られた。今回、破られてしまった。

 

掟が!!

 

もしかしたら、その日が「ご褒美デー」だったからかもしれない。頑張って働いたご褒美の日。好きな本を買って、服も少しだけ見て、気に入れば買って、美容院に行って、眉サロンに行くと決めていた日。

 

始まりは「おでこの産毛と眉毛の差があるのわかりますか??」と言われたこと。

 

くっきり見えた。

 

「あ、はい」

 

なんの警戒もなく答えた。

 

「この産毛も一緒に取ってもらったら、処理もしやすくなると思います。同じ時間でさせてもらえるのでどうですか?プラス2000円料金はかかってしまうんですけど.....」

 

思えば、綺麗な案内だった。

 

「ああぁぁ〜〜〜...........う〜〜〜ん.............じゃあ......はい!!そうします〜〜....」

 

お願いしてしまった。

 

そんなわけで、おでこもワックス脱毛してもらうことになった。眉毛と同じく、あったかいものをのせられてビリッと産毛をゴッサリ、抜かれた。

 

「お疲れ様です〜〜」

   

「すごい、おでこ真っ白になられましたね!」

 

なんと!!!本当だった。鏡に映る私のおでこがツルッツルだった。これがアニメかなんかだったら「ツルン!!」と効果音が鳴ってそうなくらい。ツルツルに光らされてそうなくらい。

 

おでこツルツル、眉毛スッキリ。 大満足。

 

眉も、おでこも。 

 

「綺麗にしていただいてありがとうございます〜〜」

 

最大級に気持ちよくお金が払えた。小さくお辞儀をして帰った。

 

(ああ、たまにはイエスって言っちゃうのもいいなあ〜)なんて考えている自分と一緒にエスカレーターで1階まで降りた。

 

ああ、大満足。

 

「“たまに”は断れないのもいいかもなあ」な〜んて本気で思った。

 

3ヶ月ぶりの眉サロンの日