あの島に移り住むまで

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

どこまで続いているかなんて分からないもの

 

[今、放送中の『大豆田とわ子と三人の元夫』の話がありますので、ネタバレが気になる方は前のページに戻ることをお勧めします!]

f:id:im72nattsu:20210523143419j:image

 

「分からないものだよなあ」って思う。

人の人生は、本当に分からない。どうなるのか、どうなってしまうか。

 そう考える機会が最近また増えてきている。

例えば、ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』を見ていた時がそうだった。

 

今唯一見ているドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の今週(18日)の放送。思ってなかった「別れ」があった。持ってたお箸を落としてしまいそうになるくらいの、「冗談??」と信じるまでに時間がかかるくらいの、想像していなかった「別れ」。

 

いなくなってしまった。

 

主人公「大豆田とわ子」の幼馴染「かごめ」ちゃんが。

 

あの、かごめちゃんが。

まさか、あの、かごめちゃんが。

まさか、いなくなってしまうだなんて。

あの、かごめちゃんが。

 

とわ子とは正反対の性格のかごめちゃん、ずっと一緒だったかごめちゃん、自由なかごめちゃん、1番目の旦那が好きな人、かごめちゃん。

まだ若いのに、昨日まで「ふつう」だったのに。ついさっきまで書き終わったマンガに「次はいける!」「これが当たったらあそこに住む!」と笑ってたのに。パーカーの紐を通して、当たり前に会って、渡してあげられると思ってたのに。

 

一日の一瞬。その一瞬の出来事で。この世にもういない人になった。

 

ああ、そうだよなあ。

分からないもんだよなあ。って。

 

そう思うしかなかった。

忘れてはいけなかったことを思い出した気がする。

 

健康であっても、若いといっても、関係がない。永遠ではない。

 

明日は必ず来るけれど、その必ずがどこまで続いているのかは、誰にもわからない。

 

会いたい人に会って。食べたいものを食べて。伝えたいことは伝えておこう。

 

どこまで続いているのかは誰にも分からないものだから。

 

かごめちゃんとかごめちゃん以外の人たちを見ながら、そう思った。かごめちゃんがいなくなっても続いていく世界を見て、私はそう思った。

 

「人って、分からないものだよなあ」