私の世界のうちとそと

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

何かをしたい気持ち

 

先週、月一で会ってる友達とご飯に行ってきた。

f:id:im72nattsu:20220228203646j:image

この子とのランチ会は、毎回お腹がはち切れそうになる。話が盛り上がってという意味でもそうだけれど、ただ単純に“必ず食べすぎる”ことになるという意味でもそうだ。とにかくお互いに山のように食べる。結構な量のランチを食べた後に必ず、パフェかケーキを求めて2軒目に行く。こうした時間の使い方は、出会ったころからずっと変わってない。「たまには」と思って思いっきり贅沢をする。全然たまにはじゃなくたって(笑)それが心地よくて楽しい。

 

そんな友達と会った時、

"別に何も問題はないんだけれども"

という話が話題にあがった。

 

「最近さ、よくわからんのよね」から始まる。

 

「何かが不満ってわけじゃない。むしろ何も問題がないくらい充実してる。有難いことに足を運んで働けばお給料が貰えるし、しかもその職場が、仕事が、苦痛じゃないなんて恵まれてるなって思う。彼氏もできて幸せで、その他のプライベートも文句だって問題だってない。十分楽しい。十分足りてる。十分幸せ。やのに最近、何か足りん気がしてさ。仕方ないんよね」

 

そしたら、「わかる」って言われた。だから「わかるよね」って言った。

 

「これ!」って何かが、最近何もない。最近特にない。だからだと思う。

 

好きだった本も読んでない。好きだった書くこともしてない。手帳にも、SNSにも。ずっとハマってたものの全てが遠くなって、全ての熱中しかけてたものが遠くなってる。他に何かハマってるものがあるわけでもない。頑張ってたものや頑張ることがなくなって安心安全になった分、ただ流れてくる時間に無難に安全に過ごすだけになってるんだなって思った。それはそれで自分にとって必要なことだし、それはそれで手放したくないって思ってる。だけど、それもそろそろもういいかなと思いはじめてる。ちょっとぐらい動いてもいいのかなって。ちょっとぐらいとどまる自分から抜け出す努力をしてみたっていいのかなって。自分で自分に思ってきている。

 

私はやっぱりどうしても思うから。

何もできないかもしれないけれど何かをしたいって。何者かになんて大きなものは手にできないかもしれないけれど、「私は私」「これが私」って言えるようにはなりたいって。可もなく不可もなく流れていく生活も壊したくはないけれど、そこから抜け出して、何か「これ!」ってものを持って生きてくほうにいきたい。地に足ついてない甘い話だったとしても。どこかではずっと諦めたくない。

 

韓国料理をたらふく食べた後に、大きなパフェを頬張りながら、

 

「わかるわかる」

 

そう話した。

 

趣味でもいい。“まずは”いい。“まずは何だっていい”から、「これ!」って何かを持てるように動きたい。そろそろ。「これこれ!」「これかも!」「これ楽しい!」「これが好き!」「これなら!」「これこそ!」って何かが、何かしらが、いつか、欲しい。だから動きたい。そろそろ。

 

何度も何度も言っているし、馬鹿みたいだけれど、やっぱりそう思う。

 

頑張ってる人をみて、続けてる人をみて、楽しそうな人をみて。人をみて思うことにそれほど意味はないのだとしても、必死になりたい。何かに必死になりたい。

 

今からでも。

 

そう思ってることに改めて気づいた、最近の出来事。

 

お久しぶりの更新でした。