あの島に移り住むまで

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

執筆術集

行李いっぱい書き溜めてスタートする

「行李いっぱい書き溜めてスタートしなさい」この言葉から少しだけ書くことが楽しくなった。

「書く」とは、どれだけ削ぎ落とせるか。

「書く」とは、どれだけ削ぎ落とせるかにある。・・・的なことを、いつかの本で読んだ。私は本を書く作家ではないけれど、この「削ぎ落とす作業」をできるだけ頭におきながら書くようにしている。なぜなら、「上手く(文章が)まとまらない」原因のほとんど…

書けない時に捨てるもの

書きたいのに書けない時、書きたいことはあるのに上手く書けない時、そういう時にできることは「もっと良い文章を書こう、もっと詳しく書こう、と欲張ったせいである」と気づくことにある。___これは決して書くだけに当てはまることではない。

「書く」臓腑を見せる覚悟

「ものを書き始めたら、最後まで書くなんて誰だってできます。大切なのは自分の臓腑まで見せる覚悟があるかどうかだそうです。私もこの意見に賛成です。」