あの島に移り住むまで

〜「好きな本から」を書きたくてはじめたけどいろいろ書いちゃってるブログです〜

これから読書術

自分のものだからできる“本の読み方”

つい先日『図書館で借りた本の読み方』を書いてみた。なら今度は『買った本の読み方』も書いてみようかと思う。

ここだけの秘密「借りた本の読み方」

買った本ではしないけれど、「図書館で借りた本」だけでしている、本の読み方のはなし。面倒なのだけど、たまらなく幸せで。だから、やめられない。そんなはなし。

読む力は鍛えられるもの

読むことも『筋トレ』だという。そういつかの本で読んだことがある。人生を豊かにしたいのなら色々なものを読む。なんでも読む。偏りなく読む。__「読めない」なら、鍛える。鍛えれば、読める。鍛えなければ、読めない。『筋トレだ』

小説を読むときのマイルール

本の読み方が変わった。 変わったことは『出てくる名前をメモする』ということだ。 小説を読むようになって気がついたのは「名前の把握」に時間がかかるということ。適当にして曖昧なまま読めてしまう。大体話は繋がるけれど、「名前」がはっきりしたほうが…

「作家読み」とそれまで 〜読書のはじめかた〜

はじまりは、むずかしくなくていい。かんたんそうだと思えたものからはじめればいいと思います。ハードルは低くていい。浅くてもいい。もちろん、高くても深くてもいいけれど、単純でシンプルでカンタンでいい。ハードルをまず飛んでみることを覚えられたら…

「本を読めるようになりたい」と思ったら

本を読みたい気持ちはあるのに「読めない」と思ってる人の多くは、買ってみたものの読めなかったが経験があったり、「読めた」という感覚を感じきれていなかったりすることが多い気がする。だからそのきっかけとして____

本の選び方「マンガも読書、楽を、遠回りを」

新しいジャンルの本を読みたくなった時「マンガ付きの本」から入るといいのかもしれない。____大回りして「読む」ことにはなるけれど、大回りしてでも「読める」ことが大事なのだから。___「読むこと」「触れること」「知ること」が大事なのだから。